2009年12月17日

ハト子さん


※巣立ち雛を拾ってはいけません

今日はちょっとまじめなお話。


先日、我が家の生活圏内から少し離れたショッピングモールに行った時のこと。

パパ様が、駐車場の隅にうずくまっているキジバトのヒナを見つけました。


近寄ると歩いて逃げるものの、飛ぶ様子はありません。

まだ飛べないのかな?
親からはぐれちゃったのかな?


立体駐車場の3階だったので、まだ飛べないヒナがここまで飛んで来たとは思えず、とりあえずそのフロアを探してみたけど巣らしきものは見つかりません。

日は落ちてもう暗くなっており、これから親鳥が迎えに来るとは考えにくいし。。。


もちろん、車はひっきりなしに往来しています。



冷たいかもしれませんが、ももいは基本的にそういうときは放置します。

自然の多い所で育っているので、小さいころにカラスがスズメを襲って食べているところを見たこともあるし、家の庭で小鳥が巣を作ってヒナを育てているのを見守っていたら、ある日雛たちが死んでいたこともあります。

可哀そうだとは思いますが、自然の摂理だし、人間が手を出してはいけない領域だと思うのです。

あえて手を出すなら、最後まで責任を持って、という方針でもあります。



そのキジバトのヒナも、放っておいたらどうなるか分からないけど、少なくとも、たいたい君もいる我が家で飼うことはできない。

(もしかしたら菌を持っているかもしれないし、何より人間のお世話で手いっぱいなももいは鳥のお世話なんかできません!)

しかも、拾ってしまったら、そのヒナが野生に還れるように餌の取り方などを教えながら育てないといけません。

野生に還れなかったら、ずっと面倒みることになります。


可哀そうだけど放っておきなよ、と言っても、パパ様は聞きません。

優しいんじゃありません。
昔動物を虐めていたから、懺悔のようなものだと本人も言っています。
自己満足です。


結局飛べるようになるまで、ということでうちに連れて帰りました。

名前はいつの間にかハト子さんになりました。



しかし、お金のない我が家、自分で拾ったパパ様は鳥用の餌を買う気はなく、家にあるものを適当にあげる、と。

(だから拾うなっていったのに!)

まぁその日はパンくずやら何やらを適当にあげたのですが・・・


他にもハト子さんに関してパパ様に不満がいろいろあるのですが、その辺はさておき。



ネットでいろいろ調べてみると、どうやらハト子さんは親とはぐれたわけではなさそうなことが分かりました。

鳥は飛べるようになったら巣立ちで、もう完全に自立していると思っている人が多いと思いますが、本当は、巣立ち=親離れではないそうです。


巣立ってもしばらくは親といっしょにいて、飛び方や餌の取り方を教えてもらいながら、徐々に自立していきます。

ただ、まだ飛び方が下手なので、怪我をしているとか、親とはぐれたと思って保護したつもりになる人が多いんだそうです。

実は保護ではなくて誘拐のようなものだと知りました。


しかも、産毛は目立つものの見た目は親鳥とさほど変わらない、自分でしっかり歩ける、2〜3m羽ばたけるハト子さんは、自立間近だったんだと思います。



そういう巣立ち雛を拾ってしまった場合は、なるべく早く元の場所に戻してあげる必要があるそうです。

2〜3日なら、まだ親鳥が見つけてくれる可能性が高いそうです。



いろいろなサイトや質問掲示板にそう書かれているのをパパ様に見せて、しぶるパパ様を説得して、翌日、ハト子さんを元の場所に戻してきました。

その後ハト子さんがどうなったかは分かりませんが、親鳥が迎えに来てくれたことを願います。



みなさんも、もし、迷子の(ように見える)巣立ち雛を見かけても、連れて帰らないであげてくださいね。

猫やカラスに狙われそうな危険な場所にいたら、近くの安全な場所に置いてあげると良いそうです。


今日はそんな巣立ち雛のお話でした。



ちなみにたいたい君。

ハト子さんに興味津津で、触りたさそうに近付いて行っては、威嚇されて驚いて逃げ戻ってきていました^^;

餌をあげようとすると威嚇してクチバシでつついてくるんですが、その様子をみてビクッ!ってなってたり。笑


ハト子さんにはちゃんとバイバイしたんですが、家に帰ってハト子さんのいた箱を見て、なんだか怒っていました。

ハト子さんがいなくなっちゃったから?


たいたい君はよく「おっおっおっおっおっ」と変な声を出しながら首をへこへこさせているんですが
その様子はクツクツ鳴きながら首を振り振り歩く鳥の姿にそっくりなのです^^;



ランキング参加中です。
良かったらクリックお願いします。
クリック⇒人気ブログランキングへ
もひとつ⇒ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサードリンク
posted by ぐうたらママ ももい at 02:01 | Comment(4) | ふんげぇファミリーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人間の勝手な思い込みと、自然の摂理とは、随分かけ離れているものなんですね。うちも田舎なので、いわゆる、残虐シーンはときどき見かけますが、やっぱりきれい事ではなく、手を出してはいけない領域があるということに謙虚にならないといけませんね。
Posted by 僕は父親 at 2009年12月17日 22:15
◎僕は父親さん

そうですね。
人間がよかれと思ってしたことでも、自然界には迷惑なこともあるんですよね・・・
小鳥が大きな動物に襲われていても、それを止めたら今度はその動物が飢えてしまいますし。
動物ドキュメンタリーも、チーターとトムソンガゼル、どちらに感情移入するかで全然違って見えますもんね。

心苦しいですが、それも自然なんだってこと、
手を出すなら最後までその命に対する責任を持つ必要があることを、子供には教えたいです。
Posted by ももい at 2009年12月18日 23:58
こんにちは、すっかりご無沙汰してしまってましたがお元気ですかぁ?

巣立ち雛のお話、勉強になりました。今住んでる場所ではあまりハトは見かけないんですけど、昔実家の庭に雀の雛が落ちてた事があり、小学生だった私は「飼お〜よ」と親に懇願しましたが断られ泣く泣く諦めた記憶が。

そういえば、父親がももいさんがおっしゃってるような理由を言ってたような気もします。
元気で立派な成鳥になってくれてるといいですね。
Posted by りら at 2009年12月25日 16:34
◎りらさん

明けましておめでとうございます。
コメントの承認とお返事が遅くなってしまってすみません。

スズメのヒナですか!
飼えなくて残念でしたね。
ホント、元気に大人になっているといいですよね。

Posted by ももい at 2010年01月07日 18:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子育てブログ 我が家は今日もふんげぇです トップへ

ぐうたら育児 我が家は今日もふんげぇです  サテライト
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。